まるで映画館!ロールスクリーンには多様な使い方があった

ロールスクリーンとブラインドの違い

窓まわりに付けるロールスクリーンやブラインドは、デザインが豊富にあるためどれを選んだら良いのか迷いますよね。価格や機能性、好みやライフスタイルに合わせて選ぶことができますが、最終的には気に入ったものを選ぶこともあります。使い方や手入れ方法、取り付け方や機能性は製品によって大きく異なるため、家庭に合った方法を熟知して判断することが大事です。ロールスクリーンの良い点はコンパクトに収納できるため窓まわりがシンプルになることです。また手がふさがっていても片手で収納できるのが魅力です。ブラインドの良い点はドレープとレースが一台でできることです。光と視界を同時に調整できるため優れた機能を有しており厚みもあるので断熱効果もあります。

マイホームを映画館にしよう

窓に取り付けるロールスクリーンですが冷気や暖気の遮断以外にも使い方があります。それは窓まわり以外に取り付けても機能するため、好きな場所で効果を発揮するのが魅力です。ロールスクリーンを使ったお洒落な演出、それは自宅を映画館にすることです。デザインの施されていないロールスクリーンであれば、映写機から出された映像をそのまま映し出すことができます。自宅で映像を見る時は通常テレビ画面などを視聴するのが一般的ですが、この方法であれば大画面で迫力ある映像を鑑賞できます。遮光性の高いロールスクリーンを選ぶと良く、ハッキリとした映像を投影できます。映画館のような臨場感ある映像を自宅で味わえるので今まで以上に楽しむことができます。

ローマンシェードの通販は、インターネットや電話でお申込みできます。デザインや色、他、好みに合わせて選べますので、店舗へ行く時間の取れない方にも便利です。